自分以外の人に向けた誹謗中傷を削除してもらうことは出来る?

友人の誹謗中傷を見つけた場合の対処法

友人の誹謗中傷を見つけた場合の対処法

友人の誹謗中傷を見つけた場合の対処方法としては、本人にたいしてそういう誹謗中傷が行われていることを警告することぐらいしか対策を練ることはできません。

友人がターゲットになっているため、それに対して憤りを感じることはあるかもしれませんが、友人といっても権利主体としては他人です。

なので他人の権利が侵害されているからといって、何らかの法的な行動を起こすことは難しいです。刑事事件になるような場合であれば、告発ということも考えられますが、よほどのことがない限り犯罪にはならないでしょう。

それに対して、本人であれば警察に対する告訴をすることや、民事裁判を起こすことなども可能ですから、本人の判断に任せるべきでしょう。

誹謗中傷の削除はサイトごとに方法が違う?

誹謗中傷の削除はサイトごとに方法が違う?

インターネット上には多くのサイトが解説されており、SNSやブログなどは小規模なものを含めると数え切れないほどのサイトが見られる状況となっています。

その中で多いトラブルが誹謗中傷の書き込みです。誰でも書き込みができるという特性上、それを完全に防ぐこと自体は困難ですが、書き込まれた内容を削除するということは可能です。

削除方法については各サイトで異なります。匿名掲示板の場合にはサイト管理者への連絡、ブログやSNSであれば書き込みを行った本人に警告をした上で削除を要求することもできます。

それでも誹謗中傷が終わらない場合には、法的な手段をとることを通知し実際に警察へ被害届を出すことを実行しましょう。またサイトの管理会社に対する通報も大切です。

他人への誹謗中傷を見て見ぬふりをするとどうなる?

他人への誹謗中傷を見て見ぬふりをするとどうなる?

他人への誹謗中傷を見て見ぬふりは罪にならないと言えます。本人と全く関係ない領域で中傷を目撃しても、無視しても構いません。また、管理人に意見して止めさせようとしても問題はないです。

しかし、本人が誰かから誹謗中傷されて無視してはまずいと言えるでしょう。見て見ぬふりをすると相手はエスカレートする可能性が高いと言えます。しかし、中傷する相手の罪は重くなっていくのは事実です。

どう言った理由があれ、法律違反をしているのは間違いなく、言われている本人は被害者になります。

もしも、不愉快で相手の中傷をブロックしたいなら、セキュリティをかけてもらうか、削除してもらうように動くべきです。黙っていると相手は「調子に乗る」でしょう。