誹謗中傷の削除を行うにはどれぐらいの費用が必要なの?

誹謗中傷削除の費用相場

誹謗中傷削除の費用相場

誹謗中傷削除を依頼する場合、弁護士に依頼して運営元などに請求するのが一般的です。もし犯人が特定できた場合には、犯人に対して損害賠償請求や名誉毀損で刑事告訴などをする必要もあります。

費用は事務所によって異なりますが、裁判を行わない削除請求の着手金の相場は約5万円程度で、報酬金が5万円程度になります。裁判を起こすような内容になると、着手金は10万円で、報酬金は15万円と高くなっていきます。

このように費用は案件の難易度や削除依頼、犯人特定手続き、損害賠償手続きの各手続きといった内容によって大きく左右されることがわかります。はっきりとした金額が知りたい場合には、信頼できる弁護士にまず相談することが大切です。

誹謗中傷を受けたサイトによって費用は変わる?

誹謗中傷を受けたサイトによって費用は変わる?

多くの大手サイトの運営主体は、昨今の情勢に鑑み、法令順守はもちろんのこと、高いモラルや、コンプライアンス意識を求められていることから、社内に法務部を設け、顧問弁護士や専門のスタッフを常駐させているケースが増えています。

そのようなサイトでは、自らが率先して外部からの苦情申し立てを受けるける窓口を設置し、専門の連絡先のメールアドレスや、受け付けフォームを用意し、万が一外部からの誹謗中傷事案の申し立てがあれば、迅速に対応する体制が整えられています。

一方、そのような意識が低く、カウンターパートとなるポストを設置してないサイトでは、そもそもの申し立てが受理されるまでに時間がかかることがあります。

そのため、正当な話し合いもままならない場合もあり、煩雑な手続きと時間を費やしてしまうケースでは、過大な費用が加算されることがあります。

誹謗中傷削除費用が安い所は信用できない?

誹謗中傷削除費用が安い所は信用できない?

最近、ネット上に誹謗中傷を書かれてしまうことが多く発生しています。SNSなど自分の意見を発信できる機会の増加が要因として考えられています。

誹謗中傷は事実ではないことを世界中の人に知らしめてしまうので、早く対処しなければいけません。誹謗中傷削除をしてくれる業者がありますが、費用が安いところはあまり信用できないのでおすすめできません。

費用が安い業者が全て信用できないというわけではありませんが、基本的には避けるのが望ましいです。しっかり誹謗中傷の問題を解決することが大事なので、多少費用がかかっても許容するべきです。

誹謗中傷削除をしている業者も解決能力に差があるため、よく比較した上で決めることが大事です。また、実際に利用した人の意見も参考にすると良い選択ができます。