ハゲ等、容姿を侮辱するのは誹謗中傷?名誉棄損?どんな罪になるの?

誹謗中傷と名誉棄損の違い

誹謗中傷と名誉棄損の違い

昨今ではインターネットが発達し、私たちの生活に欠かせないものとなっています。色んな情報を仕入れたり、または発信したり、とても便利なツールですが、気をつけて使わなければトラブルに巻き込まれることもあります。

インターネット上のトラブルとして最も多いのは、誹謗中傷や侮辱等による名誉棄損です。では、そもそも誹謗中傷と名誉棄損の違いは一体何なのでしょうか。

大きく分けると、具体的な事実の提示があるかどうかです。人の名誉を損なうような具体的な事例を出した場合には名誉棄損に当たりますが、そういった事例のない抽象的なものであれば誹謗中傷にあたります。

しかし、単なる噂話のたぐいであっても名誉棄損剤に問われることがありますので、インターネット上に書き込む際には注意が必要です。

誹謗中傷と侮辱罪の違い

誹謗中傷と侮辱罪の違い

インターネット上で何らかの発信をしているという場合、顔も見えない、全く面識のない人から誹謗中傷を受ける可能性があります。誹謗中傷は名誉毀損罪という罪に問われるというイメージがありますが、場合によっては侮辱罪が適用されることもあります

名誉毀損と侮辱罪の違いとしては、名誉毀損の場合は具体的な事実が示されている場合を指し、侮辱罪は具体的な事柄は挙げられておらず、抽象的な意見などにより被害者の社会的地位が低下した場合に適用されます。

いずれも、被害者が告訴をしなければ裁判を受けることのない親告罪であるということは共通しています。ちなみに名誉毀損罪に当たらないと判断された場合には侮辱罪にも当たらないと言えます。

ハゲ等、容姿を侮辱することも誹謗中傷になる

ハゲ等、容姿を侮辱することも誹謗中傷になる

ハゲなどという容姿に関する悪口でも、誹謗中傷として罪に問われる可能性があります。日本の刑法では名誉に対する罪の中に、侮辱罪という罪が規定されています。

侮辱罪は、事実であろうとなかろうと、また主観的な内容だけでも特定の者に対して公然に暴言を吐くだけで成立します。

「ハゲ」が事実であっても、それによって言われた側の社会的評価が低下した、または人格を蔑視した行為であったと捉えられれば、侮辱罪に問われる可能性があります。

「公然に」とは、例えばネットやSNS上でそのような投稿がされた場合、実際その投稿を見た人がいるかどうかに関わらず、不特定多数の人がその投稿を確認することが出来るのでそれは公然だと判断され、侮辱罪は成立します。